オフィス移転の費用の秘密

オフィス移転にかかる費用は、オフィスの規模や内容によって異なるものの様々な内容に関してかかることになります。

オフィス移転の費用は保証金や現状回復を除き、坪あたり約15万円〜が相場とされてます。
しかし、企業の事業内容や手を加える程度によっても費用は大きく異なることになり、担当者は必要内容を把握しておくことが重要になります。オフィス移転にかかるものとしては、大きくは引越に関係のあるものと、移転先の工事に関係のあるものとの2つに分けることができますが、関係する工事内容からも概算を掴むことができます。

まず、引越面に関しては、人数から見た場合には一般的に社員1人あたり1.6〜3.0万円前後が相場となります。



オフィスの廃棄処分に関しては、概ね2t車1台の量で7.0万円程度となり、書類の処理に関しては20kg換算で1箱あたり1、125円〜がかかることになります。

また、現状回復工事としては、一般的に坪当たり3.0〜4.0万円が相場となっています。

ジョルダンニュース!といえばこちらのサイトです。

移転に伴う廃棄に関しては、家具の買取や書類の廃棄などできるだけ1業者に集約をすることで、車両や人件費を大幅に節約することができるようになります。


また、繁忙期や閑散期などのシーズンを把握しておくことも必要になります。
工事関係に関しては、まず、家具の解体や組立は1施工あたり3.5万円程度から見ておく必要があり、OAフロアーは1?あたり0.8〜2.7万円程度が相場となります。

オフィス移転の詳細はこちらで簡単に調べられます。

間仕切りは業務形態によっても違いがありますが、人数から見た場合には社員1人あたり2.0〜10万円程度がかかり、ここでは、天井までのものとするのか上部に空間を設けるかによっても大きく異なることになります。


業務に大きく関係する設備面では、電気配線工事に関しては社員1人当たり1.5〜2.0万円程度、照明器具工事では1施工3.0万円〜が相場となり、電話配線工事、LAN工事はそれぞれ社員1人当たり2.0〜2.5万円程度で押さえておく必要があります。